米グラミー賞の発表・授賞式に出席したテイラー・スウィフトさん=4日、ロサンゼルス(ロイター=共同)
ステージでパフォーマンスを披露するテイラー・スウィフトさん=7日、東京ドーム(ロイター=共同)

米音楽界を代表する人気歌手で、グラミー賞史上初となる4度目の最優秀アルバム賞を受賞したばかりのテイラー・スウィフトさん(34)が7日、東京ドーム(東京都文京区)で来日公演を開いた。10日までの4日間で計22万人を動員する見込み。

キラキラと輝く衣装に身を包んだスウィフトさんは「クルーエル・サマー」などヒット曲を立て続けに披露。「こんばんは、トーキョー」「ここに来られて、とても幸せ」などと語り、大歓声を受けた。

昨年3月に米国で始まったツアーの一環で、東京公演の後はオーストラリアやシンガポールなどを回る予定。

10年以上のファンだという東京都の20代女性は、スウィフトさんの毅然とした生きざまが「ずっと憧れでした」と語る。

米メディアでは、東京公演後、交際相手が出場するプロフットボールNFLの王者決定戦、スーパーボウル(日本時間12日)の観戦に間に合うかどうかも佐世保 パチンコに。在米日本大使館が「余裕を持って到着でk8 カジノ パチンコカジノ アフィリエイト。自信を持って言える」とXに投稿するなど、その一挙手一投足に注目が集まっている。

(共同通信社)
>> もっとくわしく読む